2016-03-31 07:00 | カテゴリ:Bikes
前回のつづき。

そして前方に現れたのは・・・
0326.jpg

仕事終わりに立ち寄ったHitman氏でありました(^.^)
IMGP6854.jpg

これまで、意味深な写真をアップしてきた、Whose MTB Custom Project。
11image1.jpg

モザイクをかけてみたり・・・
image1.jpg

モザイクを取ってみたり・・・
image321.jpg

そーなんです、Hトレイルの開拓者、HitmanさんのMTBでした!
IMGP5798.jpg

そんな中、彼のもとに新たなパーツが届きました。
image0301.jpg

フリーライドな、あの方の影響でしょうか?(^.^)
image0302.jpg

で、ここまで引っぱって、Hitmanさんの愛車、ゲイリーフィッシャー(1998年製)
IMGP5859.jpg

ZIGGURAT(古代バビロニア語で「天の山」の意味し、聖なる塔、いわゆる、バベルの塔も同意味)
IMGP6866.jpg

学生時代にマウンテンバイクに目覚めた彼は、数十年ぶりに愛車をレストアし、昨年、Hトレイルを整備して不死鳥の如く復活!
IMGP5858.jpg

しかしながら、時代は変わり、最近のマウンテンバイクはディスクブレーキが標準化されている時代に。

彼の愛車はディスクブレーキの台座がないフレーム。
IMGP5794.jpg

Vブレーキからディスクブレーキ化を目指す彼は、Hネットワークをフル活用し、隣町のWELD ONEさんにたどり着く。

ここはチタン製のMTBフレームなどを製作する匠がいらっしゃるお店。

Hitmanさんは店長さんにディスクブレーキ台座の溶接を依頼したのであった。

そして、匠の技で見事にディスクブレーキ台座が完成!
IMGP6865.jpg

そして、Hitmanさんが塗装も施し、次回へ続く!!
IMGP6864.jpg

乞うご期待! Stay tuned!


にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://kiaora1nz.blog.fc2.com/tb.php/293-5ebe8999